RSS | ATOM | SEARCH
かばんによる身体のゆがみにご注意を
優しい骨盤矯正を受けるなら、きょうばし鍼灸整骨院へ!

こんにちは。スタッフ南ですhappy01

昨日は錦織選手のテニス決勝、惜しかったですね!
結果はストレート負けと残念な結果ではありましたが、日本人初の準優勝という成績shine
本当に本当にすごいと思います!
今後の錦織選手に更なる期待が高まりますねgood

さてさて、話は変わりますが、皆さんは普段どのようなかばんをお持ちですか?

リュックや、トートバッグ、肩掛けバッグなど様々ありますが、肩に掛けて持つタイプのかばんは、
ついつい無意識のうちにいつも同じ側に下げてしまいますよね?

こういったことが癖づくと、筋肉のバランスが悪くなってしまいます。

例えば、左肩にかばんを下げると、重みで左肩が下がったり身体が左へ傾いたりします。

そのため、左肩を上げたり身体の右側の筋肉を働かせたりして、身体はバランスを保とうとします。
すると、左の首から肩にかけての筋肉、右の背筋など背中の筋肉に負荷がかかるため、
身体が歪む原因になってしまいます。

そこで、重心が身体の中心に寄るたすきがけのようなかばんの下げ方をすれば、
バランスの悪さはある程度解消されます。
ただ、両側に均等に負荷がかかるわけではないので、さげる肩を交互に代えるなど工夫が必要です。

また、血行の良いお風呂上がりなどにストレッチをしてゆがんだ身体のバランスを保つように心掛けましょうnote

ここで、身体のバランスを保つストレッチを3つご紹介します!

1.首や肩のストレッチ
 手で壁を押し、腕を外方向に伸ばす。
 首の筋肉は逆方向に伸ばす。

2.わき腹や腰のストレッチ
 頭上で片方の手を持ち、わき腹から腰にかけての筋肉を伸ばすイメージで引っ張る。

3.お腹まわりの鍛える
みぞおちから下の筋肉をへこませながら10〜15秒維持する。


ストレッチは、1日1回するだけでも随分身体の調子は変わっていきます。
さらに左右のかける側を代えてみたり、上手に肩掛けかばんとの付き合いましょう。

 
author:きょうばし鍼灸整骨院, category:スタッフのつぶやき, 16:32
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hari-seikotsu.com/trackback/228